日本臨床歯周療法集談会会則

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は日本臨床歯周療法集談会(Japan Clinical Periodontal Group)と称する。

(目的)

第2条 本会は歯周病に関する学問と技術を研究し、その進歩発展をはかり、歯科医療の向上を努め,もって国民の健康福祉の増進に寄与するものとする。

(主たる事務所)

第3条 本会の主たる事務所は、東京都千代田区四番町8-1 東郷パークビル4F 相田化学工業(DHA内)に置く。
2 本会は、理事会の議決により従たる事務所を必要な場所に設置することができる。

第2章 会員

(種別)

第4条 本会の会員は次のとおりとする。

  1. 正会員:本会の目的に賛同して入会した個人
  2. 名誉会員:本会に関して功労のあった個人で理事会の承認を得たもの
  3. 特別会員
  4. 賛助会員 本会の趣旨に賛同し支援する団体で,理事会の承認を得たもの

(会員規則)

第5条 本会の入会、資格、退会、責任及び義務その他、会員に関する事項は、別に定める会員規則に従うものとする。

2 法令により別段の定めがある場合を除き、会員規則に従わないものは、会員としての資格を有さない。

第3章 総会

(構成、召集及び定足数)

第6条 本会における総会は、会員により構成される。但し、賛助会員は議決権を有しない。

第7条 本会の定時総会は、毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内に実施し、臨時総会は必要に応じ、代表理事又は理事会の招集により実施する。

第8条 総会の招集通知は代表理事又は理事会が、召集時期における本会の主たる事務所に設置する会員名簿に記載された連絡先に対して、少なくとも会日の2週間前に発する。

2 定足数は、前項の召集を会員の2/3以上に対して行った場合には、法令により別段の定めがある場合を除き、特段、定めない。

(議長)

第9条 総会は代表理事が議長となる。但し、代表理事に支障がある場合には、理事会の選任により、他の理事が代理をすることを妨げない。

(権限)

第10条 総会において議決する事項は、以下の通りとし、出席者の過半数以上の同意により議決する。

  1. 会則、会員規則の改廃
  2. 役員の選任及び解任。但し、累積投票によらない。
  3. 会員の相当数以上が、総会の開催日の3日前までに、書面又は電磁的記録により理事会に対して、総会により決議事項として提案した事項。
  4. 法令により別段の定めがある、本会における基本的重要事項

第11条 総会において以下の事項を承認するものとする。

  1. 事業年度決算
  2. 本会の今後の事業活動の方向性
  3. 別に定める顧問の選任に関する事項
  4. その他、理事会において必要と認めた事項

第4章 役員

(構成及び選任)

第12条 本会には正会員の中より、役員として理事及び監事を総会の選任により定める。

2 理事は30名以上50名以内置く。

3 理事のうちから会長を1名、理事の互選により定める。

4 会長は、必要と認めた場合、理事の中より、副会長を若干名、専務理事を1名、常任理事を3名以内定めることが出来る。

5 監事を2名以上5名以内定める。

(任期及び解任)

第13条 理事及び監事の任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時総会の終結の時までとする。

2 会長、副会長、及び常任理事の任期は特段定めないものとする。

3 理事及び監事は、総会の決議により解任することができる。

(理事の職務)

第14条 会長は、本会を代表しその業務を執行する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代行する。

3 理事は、本会の業務を執行する。

4 理事は、別途定める理事会規則にしたがい、理事会を開催する。

(監事の職務)

第15条 監事は理事の業務執行及び会計に関する監査をおこなう。

2 監事は理事会に出席することができる。

第5章 その他の機関

(顧問)

第16条 本会の事業目的達成のために、必要に応じ、顧問を定めることができる。

2 顧問は、理事に対して必要な助言を行うことにより、本会発展に努めることを職務とする。

3 顧問は特段任期を定めず、必要に応じ会長の推薦により理事会の議決により選任及び解任を行う。

(委員)

第17条 代表理事は、本会の事業目的達成のために必要な部会を定めることができる。

2 部会は委員会を設置し、委員は会長がこれを委嘱しその任期は、会長と同じとする。

3 委員は会長が認めた場合、理事会に出席し意見を述べることができる。但し、議決に加わることはできない。

第6章 計算及び事業年度

(事業年度)

第18条 本会の事業年度は毎年1月1日から12月31日までとする。

(会計)

第19条 本会の会計は入会金、会費、特別会計、寄付金、その他の収入により成立する。

(会費)

第20条 入会金、会費は年度当初(当該事業年度開始後3ヶ月以内) に納入するものとする。このほか必要に応じて特別会費を徴収することができる。退会に当たり入会金及び、当該年度の年会費は返却しない。

第7章 附則

1 本会則は、平成27年4月1日一部改正同日より実施する。

2 役員は以下の通りとする。

役員一覧へ

ページトップへ戻る

日本臨床歯周療法集談会会員規則

第1条 総則

本会員規則は、日本臨床歯周療法集談会会則第5条の定めに従い制定する。

第2条 会員資格

正会員は、本会は歯周病に関する学問と技術の研究に関心を持つ歯科医師、歯科衛生士医師、パラデンタルスタッフおよび常任理事会が特に本会に必要と認めたもの、団体とする。 賛助会員に資格は特段定めないが、会長又は副会長の承認を得ることとする。

第3条 会員の職務

1 正会員は、次の事を行うものとする。

  1. 年次大会・セミナーにおいて発表の機会を持つことができる。
  2. 総会での議決権を有する。
  3. 会費を負担し、会の運営に協力する。

2 本会の賛助会員は、次の事を行うものとする。

  1. 年次大会・セミナーにおいて展示、説明の機会を持てる。
  2. 本会ホームページにおいて、バナー広告を載せることができる。
  3. 総会での議決権を有しない。
  4. 会費を負担し、会の運営に協力する。

第4条 入会

  1. 会員の入会については、特に条件を定めない。
  2. 会員になろうとする者は、入会申込書を添えて会長に申し込むものとする。
  3. 会長は、前項の申込みがあったときは、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。
  4. 会長は、第2項の者の入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。
  5. 本会に賛助会員として入会を希望する者は、常任理事会の承認を受けなければならない。

第5条 退会

会員に次の理由が生じた時は,常任理事会に諮り退会させる事ができる。

  1. 本人の意思により退会を、書面により本会に申し出たとき。
  2. 本人が死亡し、もしくは失踪宣告を受け、又は会員である団体が消滅したとき。
  3. 理事長又は常任理事会の承認なく会費を2年以上滞納したとき。
  4. 理事会がとくに必要と認めたとき。

第5条 会費

本会の会費は以下の通りとする。

入会金

正会員0円
名誉会員0円
賛助会員0円

年会費

正会員歯科医師6,000円
歯科衛生士
パラデンタルスタッフ
3,000円
名誉会員0円
賛助会員30,000円

但し、会費は退会に当たり入会金及び、当該年度の年会費は返却しない。

ページトップへ戻る

日本臨床歯周療法集談会理事会規則

第1条 総則

本会員規則は、日本臨床歯周療法集談会会則第14条の定めに従い制定する。

第2条 構成

1 本会の理事総会の構成は、理事会、常任理事会とする。

2 理事会は、理事全員により構成される。

3 常任理事会は、会長、副会長、専務理事、常務理事により構成される。

第3条 理事総会

1 理事総会は、定時理事総会と臨時理事総会とし会長の招集により定時理事総会は1年に一度以上、臨時理事総会は開催するものとする。

2 理事総会は、理事の過半数以上で成立し、議決は出席理事の過半数で決する。尚、書面による代理決議を認める。

3 理事総会で職務は、会則に定めるものを除き、つぎのとおりとする。

  1. 本会における各種規程及び規則の改廃の決議
  2. 各事業年度の決算
  3. 事業計画及び予算案の立案及び承認
  4. 重要な財産の取得及び処分又は売却
  5. 顧問の選任又は解任
  6. 会員規則第4条[4]に定める、会員に対する退会の決議
  7. その他、本会目的における重要事項の決議及び立案

第4条 常任理事会

1 常任理事会は、会長の招集により6ヶ月に一度以上、必要に応じ開催する。

2 常任理事会は、構成員の過半数以上で成立し、議決は出席理事の過半数で決する。尚、書面による代理決議を認める。

3 常任理事会で定める事項は、会則に定めるものを除き、つぎのとおりとする。

  1. 本会目的達成のための基本的重要事項の立案
  2. 事業計画及び予算案の策定及び立案
  3. 正会員、賛助会員の選任
  4. その他、本会、業務執行における重要事項の決定

ページトップへ戻る